FAQ一覧

1.ログインおよびアカウント

1 アカウントとは何ですか?

AFPWAAのデータベースにログインするのに必要なユーザーIDとパスワードのことです。
初めて利用されるかたはアカウント(ユーザーID・パスワード)登録が必要です。
AFPWAAは、契約した教育・研究機関のグローバルIPアドレス内でアカウントを管理し、ユーザーを認証します。ユーザーIDはあなたが所属する教育・研究機関があなた自身のものとして設定したメールアドレスを使用します。
パスワードはアカウント登録の際に任意で設定してください。

2 アカウント登録をしようと思ってログインページに入ったのですが、ボタンがありません

あなたが所属する教育・研究機関のネットワーク内からアクセスしていますか? AFPWAAは個人で契約しているプロバイダ等のインターネット環境では利用できないので、アカウント登録のボタンも表示されないようになっています。

3 パスワードを忘れてしまったのですが

ログインページにある[パスワードをお忘れのかた]をクリックし、ユーザーIDと必要な項目を入力して送信してください。
アカウント情報を照会し、登録されているパスワードをユーザーIDとしてお使いのアドレス宛にメールでお送りします。

4 [ログイン]と[ENTER]は何が違うのですか?

一部の契約校(契約機関)ではウェブサイトのトップページに[ログイン]ボタンと[ENTER]ボタンが表示されています。
[ENTER]をクリックするとユーザーIDとパスワードの入力なしでAFPWAAにアクセスし、データベースの閲覧・検索、印刷とデータのダウンロードができるようになっています。 これは該当する契約校(契約機関)が設定した1つのアカウントを、自動的に書き込んでログインするスクリプトを使用しています。
[ENTER]を使ってログインしたすべてのユーザーと1つのアカウントを共用している状態です。ページ機能(ライトボックス、検索履歴、ツールなど)は、あなた以外のユーザーにも使用される可能性があります。また、データのダウンロードは1アカウントにつき24時間で100点、1ヶ月3000点までの上限がありますので、他のユーザーの使用状況によってはダウンロードが制限される場合もあります。
個々にアカウントを登録し、[ログイン]ボタンを使用してデータベース内に入った場合は、データのダウンロードやページ機能などのサービスを占用することができます。

2. 利用資格

1 学生や教職員なら誰でも利用できますか?

AFPWAAをご契約いただいている教育・研究機関に在籍するかたであれば、基本的にどなたでもご利用いただけます。
ただし、教員の場合、名誉教授、ゲスト講師、また国外に留学中のかたはご利用いただけません。
学生の場合、教養講座の受講生はご利用いただけません。

2 卒業、退職した後も利用できますか?

卒業(退学)あるいは退職と同時に利用資格がなくなります。

3.著作権・肖像権

1 「二次利用許諾済み」というのは本当ですか?

AFPWAAに収蔵されている全てのコンテンツの著作権は、AFP通信と、AFP通信が提携するPartners各社が所有していますが、教育および学術目的に限定してダウンロードした素材(画像、映像等)の二次利用が許諾されています。ただし、それ以外の使用目的で他の電子メディアや印刷物に再利用したり、複製したりすることは著作権法に触れる行為となります。

2 肖像権は大丈夫ですか?

AFPWAAのコンテンツの多くは報道写真として作成されたもので、被写体の承諾が不要な態様で利用されることが予定されており、その肖像の使用について被写体となった人との間で契約等が締結されていません。
したがって、被写体となった人から別途承諾を得ることなく、その人の持つ顧客吸引力を利用する目的でダウンロードした素材(画像、映像等)を利用すると(これらの肖像使ってパンフレットやポスター、立て看板などの宣伝用媒体を作るなど。)、肖像権侵害となる可能性があります。
またこれらを違法な、差別的な、わいせつな、下品な、または侮辱的な内容のコンテンツとともに使うなどして、被写体となった人の人格を貶めたときは、人格権侵害となる可能性があります

3 クレジットの表記は必要ですか?

ダウンロードした素材(画像、映像等)を二次利用したものにはクレジットを表示する義務があります。
フォーマットは以下のとおりです。

*ⓒAFP PHOTO /(カメラマン名)
*「Partner photos」を使用する場合 ⓒAFP PHOTO / (パートナー社名)

4. 利用できる範囲 

1 ダウンロードした素材(画像、映像等)は実際にどこまでの範囲で使えるのですか?

教職員の場合

(1)教科書、基本書、副読本、もしくは学術論文。ダウンロードした素材(画像、映像等)をそのまま、またはある程度改変して(*Q2.参照)組み入れることができます。またこの素材を利用して作成された書籍は、教育および学術目的とした場合にのみ出版することができます。

(2)講義、授業等に使用する紙の資料。

(3)講義、授業等で行うプレゼンテーション用データ。

(4)素材をCD-R等に収録して受講生に配布すること。アクセス制限を課したサーバーにアップして受講生に配信すること。

(5)学会での研究発表資料、プレゼンテーションのデータ。

学生の場合

(1)学校に提出するために作成するレポート、論文(懸賞論文を含みます)など。

(2)受講する講義等で製作する作品。

(3)学校内で行われるクラブ、サークル等、自主活動として行う研究発表に際して、会場内で配布される資料やプレゼンテーション用データ。

(4)学内新聞または同人誌等、学校内で行われる自主活動として製作される出版物。

2 素材の「改変」とはどんなことですか?

画像の場合は画像解像度やサイズの変更、カラーモードの変更(グレースケール、モノクロ等)、また素材が本来持っている表現意図を損なわない範囲のトリミングなどを施した状態で使用することができます。
なお、ニュース記事の場合は原文の引用のみ可能です。改変して使用することはできません。

3 記事や映像の音声などを翻訳して使用できますか?

できます。 「AFP-Direct」のテキストデータや「ImageForum」のキャプションを翻訳して使うことができます。
また、「VideoForum」の映像データの音声を吹き替えたり、翻訳字幕を付けて使うこともできます。

4 学校の公式サイトや入学案内にも使用できますか?

写真とコンテンツの内容によります。教員の研究成果や在学生の制作物としてAFPWAAのデータを利用したものが掲載される場合は問題ありませんが、抽象的なイメージやノベルティグッズなどにビジュアル素材として使用するのは営利目的に該当しますのでNGです。

5 写真集を作ってもいいですか?

作品や出版物などにする場合、ダウンロードした素材のほうが主となるような使い方はできません。
ただし、授業等の資料として学生に配布する場合は例外です。

5. データのダウンロード 

1 画像や映像のファイル形式は何ですか?

「ImageForum」の画像=JPEG
(オプションサービスの高解像度画像でダウンロードしたGraphicsのみEPS)

「VideoForum」の映像=以下の3つのフォーマットから選択してダウンロードできます

・Adobe Flash 320X240(.flv)
・Windows Media Video 320x240 (.wmv)
・QuickTime 320X240 (.mov)

2 画像のサイズはどれぐらいですか?

スタンダード画像=長辺512pixel(72dpi相当)
高解像度画像とPartner photosの画像(オプションサービス)=長辺512pixel(2000dpi相当)
ただし、コンテンツの内容によっては(古い年代の画像など)、これに該当しないものが収蔵されている場合もあります。

3 ダウンロード数に制限はありますか?

不正使用を防ぐため、1ユーザーIDごとのダウンロード点数は24時間で100点、1ヶ月3000点まで。
高解像度画像とPartner photosのダウンロード点数は、1ユーザーIDにつき1ヵ月100点までに制限されています。

4 データをハードディスクや記憶媒体などに保存して使うことができますか?

できます。

6. 料金・サービス・利用環境 等

1 検索やダウンロードに料金はかかりますか?

基本的に検索、閲覧、データのダウンロードはすべて無料です。
ただし[ImageForumオプションサービス]の利用申込みをした場合、対象となるコンテンツのダウンロード1点につき¥3,150の利用料金を個々のユーザーにお支払いいただきます。

2 ダウンロードした有料コンテンツを請求が届く前に確認することはできますか?

メニューバーの[ダウンロード履歴]から確認できます。
24時間以内にダウンロードしたコンテンツはすべて[最近のダウンロード履歴]からサムネール付きで。
有料コンテンツは[ダウンロード数]から最新1ヶ月分のダウンロード点数をご確認いただけます。

3 オプションサービスの「AFP-Direct」とはどんなものですか

世界各地で取材したあらゆるジャンルの最新ニューステキストが閲覧・検索できるサービスです。
個別に料金はかかりませんが、オプションサービスの利用申込みが必要になります。
またご契約プランによってこのオプションサービスを利用できるアカウント数の上限が異なりますので、お申込みの前にデータベース管理担当者にご確認ください。

4 同時アクセス数はいくつですか?

無制限です。ご契約機関の在籍者全員にアカウントを発行します。 登録申込みをしたすべての学生・教職員が、学内のネットワークからインターネットでデータベースに同時アクセスできます。

5 自宅のパソコンでも使いたいのですが。

VPNを利用してあなたが所属する教育・研究機関のネットワーク(グローバルIPアドレス)を経由すればアクセスできます。 個人で契約しているプロバイダ等のインターネット環境では利用できません。

6 パソコンのOSが少し前のものですが、大丈夫でしょうか。

以下のページでご確認ください。

データベースの操作方法、使い方等については[ガイド・マニュアル]をご利用ください。 上記以外のご質問については、ユーザーヘルプデスク(受付時間 平日10:00~17:00)で受付けています。

受付後はできるだけ速やかにお答えできるようにいたしますが、 案件によってはお時間をいただくこともありますので、あらかじめご了承ください。