お知らせ一覧

学術団体『十大学合同セミナー』第45期参加者募集中!!

2016.12.9

『十大学合同セミナー』とは、私たちの生きる国際社会について「大学の垣根を越えた熱い議論の場」を提供し、共同論文を執筆する学術団体です。

AFP World Academic Archiveは学術団体『十大学合同セミナー』に協賛しています。

[団体の説明]

十大学合同セミナー(以下「十大」)は来年で 45期を迎える学術団体です。早稲田、慶応、明治、 法政や津田塾、東京女子大学といった首都圏の様々な大学から参加者が集まり、運営からあらかじめ用意されたセクションに分かれ4~7月の 3か月間、週に2日程集まって共同論文を書き上げます。 十大は設立当初からその理念として「学習と交流」を掲げており、論文執筆に至るまでの、様々なバックグラウンドを持った学生たちによる議論にも重点を置いています。現在、運営委員はこの理念のもと、来年の参加者を全力でサポートするため準備をしています。

[第45期グランドテーマ]

先進民主主義国家の揺らぎ -「自由で開かれた国際秩序」を問う-

詳細はこちらをご覧下さい。

http://judai-official.info/about-html/

 

2016年9月よりAsuka AcademyにおいてAFPコンテンツによる 3コースの講座が開講いたしました。

2016.08.31

このほどAFPが配信する最新情報を学問分野別に編集、さらに日本語訳を追加して新たにAsuka Academyのオンライン講座として開講いたしました。会員登録をしてAsuka Academyアカウントを取得すれば誰でも無料で受講することが出来ます。ぜひAFP最新コンテンツを掲載した以下の講座をご覧ください。

[AFP WAA] ICT技術  http://www.asuka-academy.com/ict.html
3Dプリンター、ドローン、自走自動車、ウェラブル・ネットワーク、IoT、サイバー犯罪など。 

ict_courseCard

 [AFP WAA] 宇宙科学  http://www.asuka-academy.com/SpaceScience.html

ブラックホールや ISS(国際宇宙ステーション)、宇宙廃棄物、太陽嵐、太陽系外惑星、世界で初めて彗星に着陸したフィラエ、次世代の人工衛星発射装置アリアン6など。

SS_courseCard

[AFP WAA] 人体の科学  http://www.asuka-academy.com/HumanbodyScience.html

デジタル世代の脳の特性、人工心臓、凍結療法、世界の肥満の状況、デング熱、エボラウィルス、恋をしたときの脳の働きなど。

HS_courseCard

どのテーマも1分〜2分前後の高品質のコンピュータグラフィック・アニメーションで、各分野の最新情報を正確に楽しく学ぶことが出来ます。

[Asuka Academyとは]  http://www.asuka-academy.com/index.html
Asuka Academyが提供する講座は、MITなど海外トップレベルの大学がネットに公開している講義を元に、日本人の取り組みやすさを考慮して、日本語翻訳などのサポートや認定問題などを追加したものです。語学力にまだ自信がない方でも、世界最高の学びに取り組むことができます。講座は順次、追加していきます。
また、SNSを活用して学習者どうしで教え合い、ディスカッションを行うことによって、学習を続けていくモチベーションを得ることができます。定められた認定基準をクリアすれば、Asuka Academy の修了証書を手にすることができます。 Asuka Academyでは、MIT、バークレイなど世界トップレベルのネット講座を誰でも無料で、日本語で学ぶことが出来ます。

Asuka Academy は日本最大のeラーニング提供会社ネットラーニンググループが支援するNPO法人です。
海外の高等教育機関と協力し、日本語による各種支援、日本人コミュニティや翻訳ボランティアの形成などを通じて、世界トップレベルのオープンエデュケーションの国内学習を促進し、日本人の学びのグローバル化、優秀な学生の海外への輩出、生涯学習の機会増進などを目指しています。 

国際平和映像祭応募説明会を早稲田大学にて開催-2016/5/13(金)

2016.04.26

日時: 2016 年5 月13 日(金)18:30 〜20:00
会場: 早稲田大学 16 号館304 教室
参加費: 無料

内容: ・国際平和映像祭(UFPFF)とは。
            ・「AFP 通信賞」について
            ・「戦争のつくり方」、「The Day After Peace」上映

お申込みはこちらのサイトから 
会場においての当日参加も受付ます。多くの皆さんのご来場をお待ちし
ております。

主催:一般社団法人 国際平和映像祭
協賛:早稲田大学ジャーナリズム研究所・(株)クリエイティヴ・リンク

国際平和映像祭(UFPFF)2016作品募集中!!

2016.04.26

国際平和映像祭( UFPFF)は平和をテーマにした映像祭です。平和を願う世界中の学生など若者が、映像によって国を越えたつながりを持ってほしいという願いから2011年より毎年9月 21日の国連が定めた国際平和の日・ピ ース デーに合わせて開催しています。日常目にする平和、守りたい平和、あなたが思い描く平和について、 5分以内で映像表現してください。グランプリには賞金10万円がプレゼントされます。 今回より「AFP通信賞」も新設いたしました。多くの皆様のご応募をお待ちしております。

(運営 一般社団法人 国際平和映像祭)

■募集期間 2016年4月21日(木)~7月21日(木)

■開催日 2016年9月22目(横浜市)

■対象者 世界中すべての人

■言語 日本語/英語(目英以外の揖合は英語字幕必須)

■作品時間 5分以内(2016年以後に製作された作品)

■テーマ 平和

■映像形式 MOV、MP4、 AVI、 MPEGのいずれか。(アスペクト比は16:9推奨)

■賞品 大賞:「海外旅行チケット10万円」

   AFP通信賞:「AFP写真年鑑 2016 (非売品)」、「 iTunes Card 3万円分」 

オンラインデータ べースサ ー ビス「 AFP World Academic Archive」を正式導入 いただいている大学の学生のみなさんは、今回のコンテスト応募にAFPのデジタルコンテンツをご活用ください。選考の上、最も効果的にAFPのデジタルコンテンツを掲載した作品に「AFP通信賞」を授与いたします。

副賞として「AFP写真年鑑 2016 (非売品)」、「 iTunes Card 3万円分」を贈呈します。

「AFP World Academic Archive」の利用方法、アカウント作成手順の詳細につきましては、大学図書館のデータペースご担当窓口、もしくは info@afpwaa.com までお問い合わせください。

http://www.ufpff.com に詳細情報を掲載 しております。ぜひ奮ってご応募ください。

 

 AFP-Forum-02

先進のマルチメディア配信サービス“AFP Forum”(β版)を先行公開しました

2015.06.25

2015年夏、“AFP World Academic Archive”は旧来のプラットフォーム「ImageForum、 AFP-Direct 、VideoForum」をひとつに統合し“AFP Forum”にフルバージョンアップを行います。

これにともない、この6月より“AFP Forum”(β版)を先行公開いたしました。 AFPWAA正規ご契約法人ユーザーのみなさんであれば、どなたでも“AFP Forum”(β版)を無料でご利用いただくことが出来ます。この機会にぜひ、世界最新のオンラインデータベースサービスをご利用ください。

ご利用に際しては、右囲みの新規登録(学生・教職員)より、入力申請ページに移り必要項目を入力してお申し込みください。お申し込み後、約3営業日で“AFP Forum”(β版)新規アカウントをお届けいたします。

“AFP Forum”(β版)は旧来のプラットフォーム「ImageForum、 AFP-Direct 、VideoForum」をひとつに統合した先進のマルチメディア配信サービスです。ユーザーはひとつのキーワードでテキスト、デジタル写真、動画、グラフィックスを立体的、横断的に検索することが出来ます。

 さらに今回のバージョンアップによって、アカデミック版ユーザーは、世界中のメディアのプロフェッショナルが使っているのと全く同じプラットフォームをご利用いただく事が可能になります。

AFP-Forum → http://www.afpforum.com/

[教職員用アカウント登録サイト]
https://business.form-mailer.jp/fms/df1e4d9243642

学部生・院生用登録サイト]
https://business.form-mailer.jp/fms/4b82d1c643646

AFP-Forum新規アカウント登録手順
http://www.afpwaa.com/afp-forum/index.html

[AFP-Forum 日本語マニュアル]
http://goo.gl/HYxKDL

 

 

AFP-Forum-02

[注意事項]

・“AFP Forum”(β版)アカウント(ユーザーID、パスワード)は、従来の「 ImageForum、 AFP-Direct、VideoForum 」アカウントとは別個のものとして発行されます。

・“AFP Forum”(β版)と「 ImageForum、 AFP-Direct、VideoForum 」は別個のプラットフォームになります。

・正式サービスが開始されるまでは、ふたつのアカウントとプラットフォームは並行してご利用頂けます。

・正式サービス開始後は、「 ImageForum、AFP-Direct、VideoForum 」のサービスは休止します。

・“AFP Forum”(β版)の仕様およびサービスにつきましては今後変更することがあります。

・今回、“AFP Forum”(β版)に新規登録されたユーザーは、正式サービス開始後も引き続き同じアカウントをご利用することが出来ます。

 

“AFP-Forum”へのバージョンアップについて

2015.05.18


2015年夏(予定)より、“AFP World Academic Archive”は“AFP-Forum”にバージョンアップされます。

“AFP-Forum”は今までの独立していた3つのプラットフォーム( ImageForum, AFP-Direct , VideoForum )をひとつに統合した新時代のマルチメディア配信サービスです。ユーザーはひとつのキーワードでテキスト、デジタル写真、動画、グラフィックスを立体的、横断的に検索することが出来ます。

 さらに今回のバージョンアップによって、アカデミック版ユーザーは、メディアのプロフェッショナルが使っているのと全く同じプラットフォームを利用する事が可能になります。AFP通信のデジタルコンテンツは24時間365日体制で世界中の新聞、テレビ、ウェブサイト、モバイルコンテンツ、デジタル・サイネージなどに提供されています。

 今回開発中のアカデミック版“AFP-Forum”新しいプラットフォームにぜひご期待ください。詳細につきましては、内容が確定次第追ってお知らせいたします。

 AFP-Forum-02

 

[学術研究を視覚豊かに表現――AFP World Academic Archive利用例]

今野元(愛知県立大学准教授)著 『教皇ベネディクトゥス一六世――「キリスト教的ヨーロッパ」の逆襲』 (東京大学出版会、2015年3月25日刊)

2015.03.26

学術研究の成果となる出版物にAFP World Academic Archiveの写真を50点以上掲載。視角効果として学術成果が立体的に浮かび上がる。

 

[内容紹介]

ドイツのカトリック教会には、過去半世紀に亙ってマスメディアや言論界の批判を延々と浴び続ける一人の神学者がいる。その名をヨーゼフ・アロイジウス・ラッツィンガー(1927-)という。眼光が鷲のように鋭く、感情の起伏を見せず、立て板に水を流す如く語るこの神学教授は、どこか威圧的で取り付く島のない雰囲気を宿す。単著書135冊・単著論文1375本を誇るこの人物に挑みかかる者は数知れないが、彼はいつも反論をにべもなく撥ね退け、その学者としての名声を高め、同時に更なる反撥を招き続けることになる……。

 本書は、自ら引退を願い出ていたにもかかわらず、2005年選挙でローマ教皇に選出され、しかし異例の生前退位によって人々の前から姿を消した、この「ベネディクトゥス一六世」こと前教皇ラッツィンガーの生涯を描く。ラッツィンガーとはどのような人物であり、どのような思想の持ち主なのだろうか。彼はどこからやってきて、カトリック教会をどこへ導こうとしたのだろうか。21世紀初頭の今日、どうしてこの保守派神学者が教皇に選出されたのだろうか。彼の試みは成功したのだろうか――ナチスの席巻、ドイツの敗戦、ベルリンの壁構築、学生運動、冷戦終焉など、大きく揺れ動いた時代のなかでヨーロッパの伝統を守り抜こうとしたラッツィンガーの伝記を通じ、20世紀以降のドイツとヨーロッパを浮き彫りにする。り付く島のない雰囲気を宿す。単著書135冊・単著論文1375本を誇るこの人物に挑みかかる者は数知れないが、彼はいつも反論をにべもなく撥ね退け、その学者としての名声を高め、同時に更なる反撥を招き続けることになる……。

Benedictus PP-01

[ご購入について]

・東大出版会ウェッブサイト → http://www.utp.or.jp/bd/978-4-13-021081-2.html

・  アマゾン → http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4130210815/ut00-22

 

[本件に関するお問い合わせ]

一般財団法人 東京大学出版会(University of Tokyo Press) 

担当:編集部

〒153-0041 東京都目黒区駒場4-5-29 TEL:03-6407-1069  FAX:03-6407-1991

http://www.utp.or.jp/

 

株式会社クリエイティヴ・リンク ”AFP World Academic Archive”

担当:加来賢一 infoATafpwaa.com(ATは@に変換)

TEL:03-5405-4577 FAX:03-5405-4578

105-0001 東京都港区虎ノ門5-11-2 オランダヒルズ森タワー

 http://www.afpwaa.com/

 

[2014.12.20 キャスタリア主催SGHセミナー開催のお知らせ]スーパーグローバルハイスクール指定校「長野高校」で行った、 AFP通信のニュース素材を活用した課題研究授業について

2014.12.9

このたびキャスタリア株式会社では、スーパーグローバルハイスクール指定校「長野高校」で行った課題研究授業についてセミナー(無料)を開催いたします。

キャスタリア株式会社とAFP通信は、長野県高等学校で国際ニュース素材を用いた実証研究授業を行う機会に恵まれました。今回の実証研究授業は2014年9・10月の2か月に渡って全5回で開催されました。当日はこのプロジェクトをサポートいただいた長野高校の宮澤典彦教頭先生にもご登壇いただき、内容の詳細についてご報告いたします。

AFP通信は日本の教育機関に向けてデータベースサービスを提供しています。世界中で取材するAFP報道カメラマンによって撮影された写真、ビデオ等のニュース素材が教育、研究目的で活用することが出来、それらはすべて「著作物二次利用許諾済み」です。そのAFPのニュース素材とキャスタリアのモバイルラーニングプラットフォームである「goocus pro」を組み合わせたデジタル教材を、今回の長野高校で行った実証実験授業に提供しています。

今回開催するセミナーは、スーパーグローバルハイスクール及びアソシエイト指定校ご担当者のみならず、高等学校におけるICT教育についてご興味のある教育関係者の皆様方にとっても非常に興味深い内容であると考えます。ぜひご参加いただければ幸いです。

[プログラム]

 「高校生にとっての『グローバル』は、今と世界をつなげること」 

 報告:山脇智志(キャスタリア代表取締役) 宮澤典彦氏(長野高校教頭)

■開催会場: キャスタリア株式会社

 〒107-0062 東京都港区南青山2-2-8 DF BLDG 5F セミナールーム

■開催日時: 12月20日(土)14:00~16:00(13:30開場)

■主 催: キャスタリア株式会社

■共 催: AFP World Academic Archive

 

 

[お申し込み方法]:

1. お申し込み専用サイトをご利用ください。

 → https://business.form-mailer.jp/fms/e635fdfd38696

 

AFP World Academic Archive(AFPWAA)とは(URL→http:// www.afpwaa.com)

「AFP World Academic Archive」はフランスのAFP通信が提供する教育機関向けオンライン・データベース・サービスです。世界中に取材拠点を持つAFP通信の1000万枚におよぶ最新デジタル写真と10万点以上のビデオ動画は、グローバルリーダーを育成する教育コンテンツとして最も適しています。

グループワーク、ディスカッション、論文作成、プレゼンテーション等において、国際的な通信社が提供するAFPWAAの活用は非常に効果的です。さらに、AFP通信が提供するコンテンツは著作権が二次使用許諾済みなので、煩雑な許諾申請など一切不要です。

キャスタリア株式会社について(URL→http://www.castalia.co.jp/)

キャスタリア株式会社(本店:長野県長野市、本社:東京都港区南青山、代表取締役:山脇智志)は「モバイル&ソーシャルラーニング」をコンセプトに、新たな学びを創出する企業です。モバイルラーニングプラットフォーム「goocus pro」を開発し企業や教育機関に提供しています。また長野県を中心に教育事業を行う学校法人 信学会とともに日本初のプログラミング(コード)を必修科目とした広域通信制高校「コードアカデミー高等学校」( http://code.ac.jp/ )の学校設計にも協力しています。

[本件に関するお問い合わせ]

キャスタリア株式会社 担当:森 亨 infoATcastalia.co.jp(ATは@に変換)

TEL:03-3401-4191

〒107-0062 東京都港区南青山2-2-8 DF BLDG 5F

http://www.castalia.co.jp

 

株式会社クリエイティヴ・リンク 担当:加来賢一 infoATafpwaa.com(ATは@に変換)

TEL:03-5405-4577

105-0001 東京都港区虎ノ門5-11-2 オランダヒルズ森タワー

http://www.clc.net

AFP通信のデジタルコンテンツを活用したJMOOC講座「アメリカ映画と政治」(同志社大学村田晃嗣学長)の受講登録を開始

2014.09.25

一般社団法人日本オープンオンライン教育推進協議会(東京・千代田区 白井克彦理事長、以下「JMOOC」)と株式会社クリエイティヴ・リンク(東京・港区 實方克幸代表取締役、以下「CLC」)は、AFP通信が教育機関向けに提供するデータベース「AFP World Academic Archive」の利用について2014年7月1日付にて包括契約を結びました。本日9月25日(木)、株式会社ネットラーニング(東京・新宿区 岸田徹代表取締役)提供のJMOOC公認プラットフォーム「OpenLearning, Japan」より受講登録を開始した同志社大学村田晃嗣学長による「アメリカ映画と政治」では、大衆文化としての映画が近現代の社会や政治をどう描いてきたのか、具体的に映画を取り上げながら検討、議論する講座を予定しています。『タクシードライバー』『スター・ウォーズ』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』等、この講座で論考する映画のスチールは全て「AFP World Academic Archive」からダウンロードされました。本日公開開始したプロモーションビデオにも多数の写真が使用されています。

【AFPWAA使用例:同志社大学 「アメリカ映画と政治」講義動画イメージ】

20140925動画イメージ

「AFP World Academic Archive」はフランス最大の報道機関AFP通信が提供するオンライン・データベース・サービスです。世界中に取材拠点を持つAFP通信の1000万枚におよぶ最新のデジタル写真と10万点以上のビデオ動画は、高等教育機関における学習を支援するデジタルコンテンツとして最も適しています。グループワーク、ディスカッション、論文作成、プレゼンテーションなどを行う授業・研究において、国際的な通信社が提供する「AFP World Academic Archive」の活用は非常に効果的です。さらに、AFP通信が提供するコンテンツは著作物二次使用許諾済みで、煩雑な許諾申請など一切不要です。既に20を超える大学に正式導入されており、授業のオンデマンド配信、大学公式サイトから配信する公開講座、学会・研修会での先進事例報告等においても幅広く活用されてきました。

JMOOCでは、この4月に最初の講座『東京大学本郷教授による「日本中世の自由と平等」』から始まり、9月までに8講座が開講されました。現時点で登録された7万人の方々に学習を提供しています。今後、関西大学、立教大学、東海大学、東京外国語大学をはじめ、今年度末にかけて10大学以上の講座が順次開講される予定です。さらに、JMOOCは100校の参画・100講座の開講・100万人の受講者を目指す「トリプルハンドレッドプラン」の達成を目標としています。今回のJMOOCとCLCの包括契約により、JMOOCに正会員として加盟した大学は、「AFP World Academic Archive」が提供する世界最大級のデジタルアーカイブを活用したよりクオリティの高い講座の制作・配信が可能となります。

AFP 通信について(URL→http://www.afp.com/en/

AFP(Agence France-Presse)はグローバル・ジャーナリズムの父といわれている Charles-Louis Havas(シャルル-ルイ・アバス)によって 1835 年 Agence Havas(アジャンス・アバス:AFP通信の前身)としてパリに創立された世界で最も長い歴史を持つ通信社です。現在 3,000 名を超えるスタッフが、世界 165 カ国で活動しており、毎日 2,500 枚以上の写真、5,000本以上のニュースを世界の新聞社、テレビ・ラジオ局に多言語で配信しています、またその活動の独立性はフランスの法律によって定められています。CLCは日本国内向けのAFPBB News を提供しています。

AFP World Academic Archive(AFPWAA)とは(URL→http:// www.afpwaa.com

『AFP World Academic Archive』はフランスのAFP通信が提供する教育機関向けオンライン・データベース・サービスです。AFP通信が提供するコンテンツは著作物二次使用許諾済みなので、煩雑な許諾申請など一切不要です。

OpenLearning, Japanについて(URL→http://open.netlearning.co.jp/

JMOOC公認のMOOC提供プラットフォームとして、「最高のオンライン講座を学びたい。自由に、そして無料で学習したい。学んだ結果の証明がほしい。学習仲間とも出会いたい…」という学習者の夢を実現するというコンセプトを元に、サービスを提供しております。

MOOC専用のクラウド型プラットフォームとして、動画講義の受講だけでなく、学習者同士、ティーチング・アシスタントを介した掲示板などのコミュニケーションツール、相互採点機能、アンケート機能などが1つに統合しております。

株式会社ネットラーニングはJMOOCの特別会員として、MOOC講座公開をお考えの大学の皆さまに、プラットフォームの提供にとどまらず、講座制作、運用サービスに至るまで、最適なソリューションを提供いたします。

一般社団法人 日本オープンオンライン教育推進協議会について(URL→http://www.jmooc.jp/

日本版MOOCの普及・拡大を目指し、一般社団法人日本オープンオンライン教育推進協議会(略称JMOOC)は、日本全体の大学・企業の連合による組織として2013年に設立されました。2012年にアメリカで複数立ち上がった「オンラインで公開された無料の講座を受講し、修了条件を満たすと修了証が取得できる」MOOC(MOOCs)という教育サービスは、世界中で急速に広がりをみせており、今後の高等教育の在り方を大きく変える可能性を持っています。

 

[本件に関するお問い合わせ先]

株式会社クリエイティヴ・リンク 担当:加来賢一 infoATafpwaa.com(ATは@に変換)

TEL:03-5405-4577

105-0001 東京都港区虎ノ門5-11-2 オランダヒルズ森タワー

http://www.clc.net

 

株式会社ネットラーニング 担当:加藤、高木

TEL:03-5338-7455

〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-2-4 新宿喜楓ビル3階

http://www.netlearning.co.jp/

OpenLearning, Japan公式サイト:https://open.netlearning.co.jp/

 

日本オープンオンライン教育推進協議会 担当:山本 secretaryATjmooc.jp(ATは@に変換)

TEL:03-3295-3555

〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-26-2 常和神田小川町ビル2F 明治大学内JMOOC事務局http://www.jmooc.jp/

 

世界を知るためのモバイル学習サービス、「AFPデジタルラーニング」を教育機関向けに提供開始

2014.06.30

AFP World Academic Archiveのニュース素材を利用して、
英語教育からグローバル教育向けまで幅広く対応

株式会社クリエイティヴ・リンク(本社:東京都港区虎ノ門、代表取締役:實方克幸、以下「CLC」)とキャスタリア株式会社(本店:長野県長野市、本社:東京都港区南青山、代表取締役:山脇智志、以下「キャスタリア」)は教育機関向け学習サービスの提供において業務提携を行い「AFPデジタルラーニング(AFP Digital Learning)」を国内教育機関向けに提供していきます。また合わせて文部科学省スーパーグローバルハイスクール指定校である長野県長野高等学校(所在地:長野県長野市、堀金達郎校長)での実証研究を行います。

「AFPデジタルラーニング(AFP Digital Learning)」はAFP 通信が提供するAFP World Academic Archive(AFPWAA)のコンテンツを、キャスタリアのモバイルラーニングプラットフォーム、goocus proで提供するモバイル学習サービスです。世界の「今」起きていることを知ることで、「これまで」と「これから」を同時に学んでゆくことが出来ます。AFPWAAが提供するテキスト、写真、動画コンテンツを使ってオリジナル教材の制作や学習サービスを提供することが可能です。スマートフォンやタブレット、そしてPCからも使えるマルチ端末対応となっています。配信コンテンツの編集はPCブラウザーからアクセスして行います。簡単な操作で、HTMLやCSSなど特別な知識がなくても学習教材を作成することが出来ます。もちろん、インターネットの特性を活かしてユーザリンWAA-A4-P5-P6グや分析なども可能です。

[特徴]
・世界中から集まるテキスト・写真・動画など豊富なニュース記事を著作物二次利用許諾済みで利用可能。
・英語だけでなくフランス語・ドイツ語・スペイン語・ポルトガル語・ポーランド語・アラビア語など全7カ国語で提供される動画ニュース。
・スマートフォン・タブレット・PCと端末を選ばないクラウド型ラーニング。
・ソーシャルラーニングやゲーミフィケーションを用いて「続けられる学習」を実現。
・誰でも簡単にコンテンツ編集やユーザ管理が可能な編集/管理システム。

学習プラットフォーム:goocus pro(URL→http://www.gooc.us/pro)
「goocus pro」は、スマートフォンを利用しての学びを徹底的に研究したモバイルラーニングプラットフォームです。モバイルデバイスの携帯性、常時接続性による時間と場所を選ばない学習環境、FacebookなどのSNSにおける個々のユーザーのつながりによる知識、気づきの共有による創発と競争、ゲームの要素を取り入れた常習性、そして管理者によるユーザーの管理と学習履歴のデータ活用などを特徴とし、これまでのラーニングシステムを置き換える新しいサービスとなっています。

スーパーグローバルハイスクールについて(URL→http:// www.mext.go.jp/a_menu/kokusai/sgh/)
文部科学省が実施する、将来,国際的に活躍できるグローバル・リーダーを育成するためのプロジェクト。グローバルな社会課題を発見・解決できる人材や,グローバルなビジネスで活躍できる人材の育成に関する教育課程等の研究開発を行う高等学校及び中高一貫教育校(中等教育学校,併設型及び連携型中学校・高等学校。以下「高等学校等」という。)を新たに「スーパーグローバルハイスクール」に指定し,質の高いカリキュラムの開発・実践やその体制整備を進めます。

AFP 通信について(URL→http://www.afp.com/en/)
AFP(Agence France-Presse)はグローバル・ジャーナリズムの父といわれている Charles-Louis Havas(シャルル-ルイ・アバス)によって 1835 年 AFP 通信の前身である Agence Havas(アジャンス・アバス)としてパリに創立された世界で最も長い歴史を持つ通信社です。
現在 3,000 名を超えるスタッフが、世界 165 カ国で活動しており、毎日 2,500 枚以上の写真、5,000本以上のニュースを世界の新聞社、テレビ・ラジオ局に多言語で配信しています、またその活動の独立性はフランスの法律によって定められています。
CLCは日本国内向けのAFPBBNews(http://www.afpbb.com/)を提供しています。

AFP World Academic Archive(AFPWAA)とは(URL→http:// ww.afpwaa.com)
「AFP World Academic Archive」はフランスのAFP通信が提供する教育機関向けオンライン・データベース・サービスです。世界中に取材拠点を持つAFP通信の1000万枚におよぶ最新デジタル写真と10万点以上のビデオ動画は、グローバルリーダーを育成する教育コンテンツとして最も適しています。
グループワーク、ディスカッション、論文作成、プレゼンテーション等において、国際的な通信社が提供するAFPWAAの活用は非常に効果的です。さらに、AFP通信が提供するコンテンツは著作権が二次使用許諾済みなので、煩雑な許諾申請など一切不要です。

キャスタリア株式会社について(URL→http://www.castalia.co.jp/)
キャスタリア株式会社(本店:長野県長野市、本社:東京都港区南青山、代表取締役:山脇智志)は「モバイル&ソーシャルラーニング」をコンセプトに、新たな学びを創出する企業です。モバイルラーニングプラットフォーム「goocus pro」を開発し企業や教育機関に提供しています。また長野県を中心に教育事業を行う学校法人 信学会とともに日本初のプログラミング(コード)を必修科目とした広域通信制高校「コードアカデミー高等学校」( http://code.ac.jp/ )の学校設計にも協力しています。

本件に関するお問い合わせ
株式会社クリエイティヴ・リンク 担当:加来賢一 infoATafpwaa.com(ATは@に変換)
TEL:03-5405-4577
105-0001 東京都港区虎ノ門5-11-2 オランダヒルズ森タワー
http://www.clc.net

キャスタリア株式会社 担当:森 亨 infoATcastalia.co.jp(ATは@に変換)
TEL:03-3401-4191
〒107-0062 東京都港区南青山2-2-8 DF BLDG 5F
http://www.castalia.co.jp