国際平和映像祭(UFPFF)2017作品募集中!!

国際平和映像祭( UFPFF)は平和をテーマにした映像祭です。平和を願う世界中の学生など若者が、映像によって国を越えたつながりを持ってほしいという願いから2011年より毎年9月 21日の国連が定めた国際平和の日・ピ ース デーに合わせて開催しています。日常目にする平和、守りたい平和、あなたが思い描く平和について、 5分以内で映像表現してください。グランプリには賞金10万円がプレゼントされます。 2015年より「AFP通信賞」も新設いたしました。多くの皆様のご応募をお待ちしております。

 (運営 一般社団法人 国際平和映像祭)

 

■募集期間 2016年4月21日(木)~7月21日(木)

 AFP通信賞に限定して応募期間を8月31日まで延長。

■日時: 2017年9月18日(月・祝) 15:00-20:00頃開催予定

■場所:JICA横浜(横浜市中区新港2丁目3−1)

■主催:一般社団法人 国際平和映像祭

■協力:横浜コミュニティデザイン・ラボ、ユナイテッドピープル

■対象者 世界中すべての人

■言語 日本語/英語(目英以外の揖合は英語字幕必須)

■作品時間 5分以内(2017年以後に製作された作品)

■テーマ :平和に関連する作品

  例:人々の絆、環境保護、持続可能性、日常にある平和、戦争、 国際協力、人権ほか

■映像形式 MOV、MP4、 AVI、 MPEGのいずれか。(アスペクト比は16:9推奨)

■グランプリ:現金10万円、翌年のUFPFFでの映像作品の発表権利(10分以内の作品)

■AFP通信賞:「AFP写真年鑑 2016 (非売品)」、「 iTunes Card 3万円分」

■その他:学生部門賞、横浜市国際局長賞(予定)、なんとかしなきゃ!プロジェクト賞(予定)

オンラインデータ べースサ ー ビス「 AFP World Academic Archive」を正式導入 いただいている大学の学生のみなさん(十大学合同セミナー参加学生含む)は、今回のコンテスト応募にAFPのデジタルコンテンツをご活用ください。選考の上、最も効果的にAFPのデジタルコンテンツを掲載した作品に「AFP通信賞」を授与いたします。

なお、正式契約大学以外の学生で、今回の応募作にAFPデジタル素材を利用したい方は下記のサイトから利用申請を行ってください。申請者に利用目的及び期間を今回の応募作品制作に限定したAFPWAAアカウントを発行いたします(発行費用は一般社団法人 国際平和映像祭が負担)。ただし、ご利用については日本の教育機関(大学・高等学校等)に所属する教職員、学生等に限定されます。

→ 申請手続きはこちらから

副賞として「AFP写真年鑑 2016 (非売品)」、「 iTunes Card 3万円分」を贈呈します。

http://www.ufpff.com に詳細情報を掲載 しております。ぜひ奮ってご応募ください。