[2014.12.20 キャスタリア主催SGHセミナー開催のお知らせ]スーパーグローバルハイスクール指定校「長野高校」で行った、 AFP通信のニュース素材を活用した課題研究授業について

このたびキャスタリア株式会社では、スーパーグローバルハイスクール指定校「長野高校」で行った課題研究授業についてセミナー(無料)を開催いたします。

キャスタリア株式会社とAFP通信は、長野県高等学校で国際ニュース素材を用いた実証研究授業を行う機会に恵まれました。今回の実証研究授業は2014年9・10月の2か月に渡って全5回で開催されました。当日はこのプロジェクトをサポートいただいた長野高校の宮澤典彦教頭先生にもご登壇いただき、内容の詳細についてご報告いたします。

AFP通信は日本の教育機関に向けてデータベースサービスを提供しています。世界中で取材するAFP報道カメラマンによって撮影された写真、ビデオ等のニュース素材が教育、研究目的で活用することが出来、それらはすべて「著作物二次利用許諾済み」です。そのAFPのニュース素材とキャスタリアのモバイルラーニングプラットフォームである「goocus pro」を組み合わせたデジタル教材を、今回の長野高校で行った実証実験授業に提供しています。

今回開催するセミナーは、スーパーグローバルハイスクール及びアソシエイト指定校ご担当者のみならず、高等学校におけるICT教育についてご興味のある教育関係者の皆様方にとっても非常に興味深い内容であると考えます。ぜひご参加いただければ幸いです。

[プログラム]

 「高校生にとっての『グローバル』は、今と世界をつなげること」 

 報告:山脇智志(キャスタリア代表取締役) 宮澤典彦氏(長野高校教頭)

■開催会場: キャスタリア株式会社

 〒107-0062 東京都港区南青山2-2-8 DF BLDG 5F セミナールーム

■開催日時: 12月20日(土)14:00~16:00(13:30開場)

■主 催: キャスタリア株式会社

■共 催: AFP World Academic Archive

 

 

[お申し込み方法]:

1. お申し込み専用サイトをご利用ください。

 → https://business.form-mailer.jp/fms/e635fdfd38696

 

AFP World Academic Archive(AFPWAA)とは(URL→http:// www.afpwaa.com)

「AFP World Academic Archive」はフランスのAFP通信が提供する教育機関向けオンライン・データベース・サービスです。世界中に取材拠点を持つAFP通信の1000万枚におよぶ最新デジタル写真と10万点以上のビデオ動画は、グローバルリーダーを育成する教育コンテンツとして最も適しています。

グループワーク、ディスカッション、論文作成、プレゼンテーション等において、国際的な通信社が提供するAFPWAAの活用は非常に効果的です。さらに、AFP通信が提供するコンテンツは著作権が二次使用許諾済みなので、煩雑な許諾申請など一切不要です。

キャスタリア株式会社について(URL→http://www.castalia.co.jp/)

キャスタリア株式会社(本店:長野県長野市、本社:東京都港区南青山、代表取締役:山脇智志)は「モバイル&ソーシャルラーニング」をコンセプトに、新たな学びを創出する企業です。モバイルラーニングプラットフォーム「goocus pro」を開発し企業や教育機関に提供しています。また長野県を中心に教育事業を行う学校法人 信学会とともに日本初のプログラミング(コード)を必修科目とした広域通信制高校「コードアカデミー高等学校」( http://code.ac.jp/ )の学校設計にも協力しています。

[本件に関するお問い合わせ]

キャスタリア株式会社 担当:森 亨 infoATcastalia.co.jp(ATは@に変換)

TEL:03-3401-4191

〒107-0062 東京都港区南青山2-2-8 DF BLDG 5F

http://www.castalia.co.jp

 

株式会社クリエイティヴ・リンク 担当:加来賢一 infoATafpwaa.com(ATは@に変換)

TEL:03-5405-4577

105-0001 東京都港区虎ノ門5-11-2 オランダヒルズ森タワー

http://www.clc.net